PAGE TOP

ホーム

診療内容のご案内

のどに起こる疾患

いけぶちクリニックのBスポット療法について

慢性的なのど・鼻の不快感でお悩みの方へ

京都府向日市の耳鼻咽喉科、いけぶちクリニックではBスポット療法を実施しております!

Bスポット療法とは?

上咽頭

Bスポット療法とは、塩化亜鉛という炎症を抑える薬を塗った綿棒を使い、上咽頭という場所に擦り込むという治療法です。

上咽頭は鼻咽腔とも呼ばれており、口蓋垂(のどちんこ)の裏側辺りにあります。上咽頭は、呼吸により鼻から入ってきた空気に触れやすい位置にあり、空気中にあるウイルス・細菌・カビ・ホコリなどが付着しやすい器官のため、上咽頭炎という病気にかかる人は、ここが炎症を起こしている場合があります。風邪の初期段階でも、この上咽頭が炎症を起こしていることはあります。

この炎症を起こしている上咽頭に、炎症を抑える薬を直接塗り付けることで、症状の緩和を図るのがこのBスポット療法です。

塩化亜鉛療法・EAT療法・上咽頭擦過療法などとも呼ばれています。

Bスポット療法による治療をおすすめする症状

喉が痛い

  • 後鼻漏(鼻から喉に鼻水が流れる症状)が止まらない方
  • 風邪が長引く、または頻繁に風邪をひいてしまう方
  • のど風邪にかかりやすい方
  • 風邪などではないのに、鼻やのどのイガイガ感・違和感がとれない方
  • 中耳炎や耳の炎症、顎関節炎などがないのに、耳の奥が痛い方
  • 喉頭や咽頭に炎症や乾燥感が無いのに声がかすれやすい方

Bスポット療法の注意点

  • ① 様々な症状に効果があると言われているBスポット療法ですが、もちろん万能の治療法ではありません。 症状に効くメカニズムも明確に判明しているわけではないので、あくまでも投薬・処置治療を助ける”サブ”の治療法とお考えください。
  • 効果には個人差があり、一度の治療で症状が劇的に変わることは少なく、複数回の通院(当院では、目安を 週に1回3回以上)が必要な場合が多いです。効果があれば、症状が安定するまで継続します。
  • 痛いです。特に薬液を擦り込む上咽頭の炎症が激しい患者さんほど、痛がる傾向があります。 痛みは薬液が効いている証拠なのですが、このヒリヒリとした痛みは我慢していただく必要があります。 痛みは治療後数時間から半日程度で軽減し、その後は逆にスッキリとした感覚を覚える方が多いです。
  • ④ 治療後、一時的に症状(頭痛や皮膚のかゆみなど)が悪化したり血の混じった痰や鼻水がでたりすることが あります。基本的には時間の経過とともに症状は治まりますが、もし症状が治まらない場合は医師に 申し出てください。
  • ⑤ 定期的にファイバー検査で上咽頭をチェックしたうえで、治療を継続する必要性があるかを確認いたします。

京都府向日市の耳鼻科、いけぶちクリニックでは…

JR桂川駅近くの当院では、Bスポット療法を実施しております。
喉のイガイガ感、後鼻漏の不快感など慢性的な風邪や上咽頭炎の症状でスッキリしないとお悩みの方は、一度当院のスタッフまでお問い合せください。(※当院のBスポット療法は、予約制で一度医師の診察が必要です。予約はこちらから。)

インターネットで予約できます!!

当院では、患者様をお待たせする時間を出来るだけ短くするため、自動予約システムを導入しております。
携帯電話・スマートフォン・パソコンに対応しておりますので、いつでも、どこからでも予約をお取頂けます。
ぜひご利用ください。

  • 診療WEB予約

QRコードを読み取れない場合は上の「診療WEB予約」ボタンよりご利用ください。

050-5893-8984

電話でのご予約はこちらの番号をご利用ください。

診療時間はこちら

休診日
日・祝日

    新規の方も再診の方も、web・電話のどちらでも予約いただけます。診察前日の20時より予約が可能です。

    ※できるだけ予約を取っていただくようにお願いいたします。